高松宮記念予想

G1高松宮記念に絞った情報や予想を集めているサイトです

06年高松宮記念馬オレハマッテルゼが急死

   

2006年の高松宮記念を勝ったオレハマッテルゼが重度の腰萎症のため急死。13歳でした。
珍名馬のオーナーとして有名な小田切有一さんの馬でファンも多い馬でした。
同馬主で火災で亡くなったエガオヲミセテの全弟でもあり、オレハマッテルゼのG1勝利は印象深いものになっていますね。

06年の高松宮記念はシンボリグランが1番人気、オレハマッテルゼはラインクラフト、シーイズトウショウに続く4番人気の評価でしたが、好位の中から抜け出す非常に鮮やかな勝ちっぷりでした。

種牡馬となってからはチューリップ賞や京都牝馬S勝ちのハナズゴールを出し、サンデー産駒という激戦区の中でも結果を出せていただけに、13歳という若さでの急死は本当に残念です。
残った産駒の活躍を期待したいですね。

2006年のGI高松宮記念勝ち馬で、種牡馬生活を送っていたオレハマッテルゼ(牡13歳)が10月30日、繋養先のイーストスタッド(北海道浦河町)で重度の腰萎症のため死亡した。

 同馬のシンジケート会長・谷川利昭氏は「良血種牡馬らしく初年度から活躍馬を出し、昨年は100頭を超える繁殖牝馬に配合いただきました。まだ13歳と若く、これからという矢先だっただけに残念でなりません。本馬の冥福と残された産駒の活躍をお祈り申し上げます」とその死を悼んだ。
http://race.sanspo.com/keiba/news/20131101/etc13110111190001-n1.html

cap1

 - ニュース・情報