高松宮記念予想

G1高松宮記念に絞った情報や予想を集めているサイトです

不良馬場の高松宮記念はコパノリチャードが抜け出し3馬身差の快勝!

   

高松宮記念


1着 コパノリチャード
2着 スノードラゴン
3着 ストレイトガール

不良馬場となった高松宮記念は、スタートからハクサンムーンがダッシュがつかず後方からとなるなど、波乱含みの展開。
先手争いが予想されたコパノリチャードやレディオブオペラもそれほどは行かず、ハナを切ったのはエーシントップ。
直線半ばまでエーシントップが踏ん張るも、荒れた内はやはり苦しく、2番手から進めたコパノリチャードが馬場の中程から突き抜けそのまま押し切り1着。
2着には外から追い込んだスノードラゴンが入り、中団から伸びた1番人気ストレイトガールが3着を確保。

勝ったコパノリチャードは2番手追走から直線で馬場のいい中程まで出していって、そのまま3馬身押し切る完勝となりました。
ハクサンムーンが逃げられなかった事や、時計がかかる不良馬場になった事などで1200の経験がないこの馬に向いた部分は多く、ここまで荒れたレースになってしまうとなかなか評価は難しいですね。
勝ち時計が1.12.2、レースラップを見ても前半3Fが34.5、後半3Fが37.7とかなり厳しい馬場だった事は明らかで、今後どれほど参考にしていいのか分かりませんね。
とは言え、4歳での高松宮記念制覇は2002年のショウナンカンプ以来で、それを0.5差、初の1200とういう条件でやってのけました。
マイルもいけますし、どういった使い方をしてくるかも含めて、この馬の今後が楽しみですね。

2着スノードラゴンはダートの実績が多い馬ですから、オーシャンSに続いてこういう馬場が合ったのでしょう。
こちらは不良馬場とは言え、G1の2着ですから今後も芝を使っていくのでしょうか。
芝を続ける場合は速い馬場への対応がポイントになりますね。

3着ストレイトガールは牝馬ながらこの馬場でよく頑張りました。
函館で連勝した馬で、ある程度力のいる馬場は大丈夫なのでしょうが、ここまで荒れてしまうと別物ですし、力がある事は証明できたのではないでしょうか。
この後は一息入れる事になりそうですが、改めて期待ですね。

また、今回のレースはとにかく特殊なレースと捉えて、大きく負けた馬についてもあまり気にしない方が良さそうですね。

cap1

 - 参考・関連レース, 過去結果 , , ,